トップ > 生活情報 > 防災・気象情報 > 緊急消防援助隊(第8次派遣)の職員が帰還しました

「東日本大震災」関連情報

緊急消防援助隊(第8次派遣)の職員が帰還しました

4月12日(火)
緊急援助隊(第8次北海道隊)として宮城県石巻市に派遣されていた消防職員2名が12日午前、任務を終え帰町しました。
今回、派遣されたのは米谷司令補と佐山士長の2名と動員車1台。4月5日に斜里町を出発し、苫小牧からフェリーで仙台港に移動し、7日~9日までの3日間、紋別と釧路の支援隊と合同で石巻市針岡地区(富士沼周辺)と北上川右岸河川敷での捜索にあたりました。

ベースキャンプ地の石巻市運動公園

北上川河口から約5㎞の針岡地区富士沼周辺の捜索

北上川の堤防決壊などで一面が水没し、湖のような状態の中、胴長を着ながらの難作業にあたりました。

道東ブロックの派遣メンバーたち。お疲れ様でした。

▲このページの先頭へ