トップ > 生活情報 > 防災・気象情報 > 緊急消防援助隊として職員を派遣しました。

「東日本大震災」関連情報

緊急消防援助隊として職員を派遣しました。

東日本大震災の被災地支援のため、緊急消防援助隊北海道隊の8次派遣として出動要請を受けた斜里地区消防組合消防本部では、支援隊として派遣される2名の職員が4月5日(火曜)午前、被災地に向けて出発しました。
8時50分から消防本部前で行われた出発式の中で、村田町長から「未曽有の震災に見舞われた現地に赴き、支援活動を行う職員を誇りに思う。普段から鍛えている精神と体力で被災者のために全力をつくしてください」と激励の言葉を述べました。
今回の派遣隊は、道東地域からの14人で編成され、4月11日までの期間、宮城県石巻市に赴き、さまざまな支援活動を行う予定です。


本部前で行われた緊急消防援助隊の出発式

2人を乗せ消防署を出発する動員車とそれを見送る消防職員

▲このページの先頭へ