トップ > 生活情報 > 防災・気象情報 > 東北地方太平洋沖地震災害に関する消費生活情報について

「東日本大震災」関連情報

東北地方太平洋沖地震災害に関する消費生活情報について

義援金詐欺にご注意ください。

  • 日本赤十字社や中央共同募金会の名をかたり、担当者個人と称する銀行口座に義援金を振り込む依頼のハガキや電子メールを送りつける。
  • 公的機関を思わせる名称を用いて、自宅を訪問したり、ハガキを送ったりして義援金名目のお金を求める。

→ 義援金は、たしかな団体を通して送るようにしてください。振込口座がたしかな団体で正規のものであることも確認してください。

悪徳商法にご注意ください。

  • 「被災地に送るためにボランティアで古い布団を集めている」と訪問し、布団を寄付した人に「いい布団なので、もったいない。打ち直しをしたほうがいい」と高額な布団のリフォームを勧誘する。

→ 不必要な品物・サービスはキッパリ断りましょう!
→ 契約は周りの人とよく相談してからにしましょう!

「オレオレ詐欺」にご注意ください。

  • 息子をかたり、地震による会社の倒壊や投資会社の経営不振、震災による知人等からの借金申し立て等を口実に金銭を要求する。

→ 金銭を要求する電話があっても決して慌てず事実確認してください。「携帯電話の番号が変わった、地震で携帯電話をなくした」は、振り込め詐欺の疑いがあります。

不安をあおるチェーンメールの例。

  • 厚生労働省を名乗り以下のメールが不特定多数の方に送信されていますが、厚生労働省からのメールではありませんのでご注意を。

    転載/題名:厚生労働省より 
    本文:「お近くの方に周知、転送の上お伝え頂くようにお願い致します。千葉県及び近隣県へ在住の方。コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨や等と一緒に降るので万一に備え、外出の際は傘かカッパ等を持ち歩き、身体が雨に接触しないようにしてください。」

→ 報道や行政機関のホームページ等の信頼できる情報源で真偽を確かめ、惑わされないようにしてください。不安をあおるようなチェーンメールは速やかに削除して転送を止めてください。

ご相談はこちらまで。

最新の震災に関する消費生活情報。

お知らせ

住民生活課住民活動係0175

▲このページの先頭へ