トップ > 町の紹介 > 町のプロフィール > 町の概要 > 斜里町について

町の概要

斜里町について

斜里町は、北海道東部、オホーツク海に面した、農業、漁業、観光業のまちです。世界自然遺産に登録された知床で知られています。

役場住所/〒099-4192 北海道斜里郡斜里町本町12番地
電話/0152-23-3131  FAX/0152-23-4150
ホームページ/http://www.town.shari.hokkaido.jp/
お問い合わせは、各ページ右下の「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

位置・面積・交通

北海道オホーツク管内の最東部に位置。
東経144度33分~145度22分、北緯43度44分~44度21分にあり、面積は737.01平方キロメートルにおよびます。
女満別空港より車で60分。女満別空港から東京羽田空港へは約1時間30分。

地勢・気象

斜里町は北海道の東、オホーツク海に面し、北に100キロを超える海岸線、東南に知床連山を擁し、弓状三角形をなしています。また、南は清里町、西は小清水町と隣接しており、知床半島を羅臼町と二分しています。
気温は年平均7度以下。積雪量はさほど多くありませんが、融雪時期が遅く、6月中旬頃までフェーン現象による南東の強風が吹きつけます。

産業

農業と漁業と観光業が基幹産業。小麦、甜菜、馬鈴薯を主体とした畑作農業が行われ、日本の穀倉地帯との一つとなっています。漁業では水産資源に恵まれたオホーツク海を漁場とし、サケ・マスの水揚げが日本一となっています。また一次産業と一体となった食品加工業が盛んです。

世界遺産知床

知床半島がユネスコの世界自然遺産に登録されています。知床半島周辺海域は北半球で最も南まで流氷が押し寄せる海で、流氷がもたらす特異な生態系と多様な動植物の生息が評価されています。斜里町では知床の森を守るナショナルトラスト運動に長年取り組んできました。

観光

年間約150万人の観光客が訪れます。観光の中心であるウトロ地区には大小の温泉宿があり、ここから車で20分ほどの知床五湖では、遊歩道が整備され世界自然遺産となった知床の自然を身近に観察できます。海の幸も観光の魅力です。

▲このページの先頭へ