トップ > 町の産業 > 商工業 > 新型コロナウィルス感染症に関するセーフティネット保証4号の認定について

商工業

新型コロナウィルス感染症に関するセーフティネット保証4号の認定について

セーフティネット保証4号

 災害等の突発的事由により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、
信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(借入額の100%を保証)を行う制度です。

指定内容

  • 指定地域
    北海道内全域(47都道府県)
  • 指定期間
    令和2年2月18日から令和2年6月1日まで 

認定対象者

 次の要件を満たしている斜里町内の中小企業者

 令和2年 新型コロナウィルス感染症の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高などが、前年同月に比して
 20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高当が前年同期に比して20%以上減少することが
 見込まれること

 なお、経済産業省では、認定基準について運用の緩和を行っています。

 創業者等運用緩和
 (緩和基準の対象者)
 (1)業歴3か月以上1年1か月未満の事業者の方
 (2)前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者の方
 (1)、(2)のいずれかに該当し、緩和された基準で認定申請を希望される場合は、下部の(新型コロナウィルス感染症)
 創業者等運用緩和様式をご利用ください。運用緩和について詳しくはコチラをご覧ください。

必要書類

 認定申請を希望される事業者は、下記の書類を役場 商工観光課 商工労政係へ提出してください。

 ・認定申請書(申請様式)ワードファイル(42KB)
 ・試算表や売上台帳など売上高等の金額が確認できる書類

注意事項

 ・町の認定が信用保証を確約するものではありません。信用保証を受けるには町の認定とは別に各金融機関および
  北海道信用保証協会による審査があります。
 ・申請書を受理してから認定証発行までに日数がかかかります。

▲このページの先頭へ