トップ > 町の産業 > 商工業 > 斜里町の融資制度

商工業

斜里町の融資制度

斜里町中小企業融資は、本町における中小企業者の果たす役割の重要性に鑑み、町内中小企業の育成振興並びに経営の合理化を促進するため、融資及び利子補給制度等を定め、をの経済的地位の向上を図ることを目的とした制度です。

斜里町中小企業融資制度

利用者の条件

①中小企業基本法第2条に定める中小企業者

②中小企業等組合法に基づく協同組合及び企業組合

③町税及び町の公法上の収入を完納した方

 

融資金額

  新型コロナウイルス感染症による売り上げ減少や資金繰りに対応するため、町内中小企業者を対象に、

 短期運転資金並びに長期運転資金の融資限度額の拡大を行います。

           (改正前)     (改正後)

(短期運転資金)    500万円以内  → 1,000万円以内

(長期運転資金) 1,000万円以内  → 2,000万円以内

(設備資金)   1,500万円以内 → 変更なし

 

※令和2年4月以前および令和3年4月1日以降の融資に関しては、従来通りの取り扱いになります。

 

融資期間

         (改正前)              (改正後)

(短期運転資金)1年以内  → 令和2年5月1日~令和3年3月31日までに借入かつ1年以内

(長期運転資金)7年以内  → 変更なし

(設備資金)  10年以内 → 変更なし

 

※令和2年4月以前および令和3年4月1日以降の融資に関しては、従来通りの取り扱いになります。

 

融資利率

(短期運転資金)2.075%  実負担 1.3%

(長期運転資金)2.275%  実負担 1.5%

(設備資金)  2.275%~2.475%  実負担 1.5%~1.6%

信用保証料

北海道信用保証協会の保証付きとなります。

なお、信用保証料は当該融資の償還予定回数で除した金額を、貸付実行の月から起算した月数を乗じて得た額とし、

この融資について繰上償還があった場合には、その償還の月を終期として保証料の補給を打ち切りとします。

 

受付

町内金融機関(北洋銀行斜里支店、北海道銀行斜里支店、網走信用金庫斜里支店)、斜里町商工会にて通年受付しています。

        

▲このページの先頭へ