トップ > 町の産業 > 林業 > 森林の土地の所有者届出制度について

林業

森林の土地の所有者届出制度について

新たに森林を取得された皆様へ

 平成23年の森林法改正により、平成24年4月以降、新たに森林の土地の所有者となった方は、町への事後届出が義務付けられました。
お知らせチラシ PDFファイル (444KB)

届出対象

 個人、法人を問わず、売買、相続、譲渡並びに法人の買収や合併等により、森林の土地を新たに取得した方は、面積の大小にかかわらず届出しなければなりません。
 届出対象地は、北海道が作成する 地域森林計画の森林です。
 また、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している場合は対象外です。
 ※登記上の地目によらず、取得した土地の現況が山林の場合は、届出対象地の可能性があります。不明な場合は下記までお問い合わせ下さい。

届出期間

 土地の所有者となった日から90日以内

届出先

 取得した土地の市町村(斜里町:水産林務課林務係)

届出内容

届出者と前所有者の住所・氏名、法人の場合は代表者名
土地所有者となった年月日
○ 土地の所有権の移動の原因
○ 土地の所在、面積
○ 備考欄に、森林の土地の用途、境界の把握の有無、その他必要事項等。

届出書類

届出書様式ダウンロード ワードファイル (41KB)
森林の土地の位置を示す図面(任意の図面に大まかな位置を記入)
土地の権利を取得したことが分かる書類(登記事項証明書、売買契約書、相続分割協議の目録等の写し)

お問い合わせ先

 斜里町役場産業部水産林務課林務係
 ℡0152-23-3131(内線156)

▲このページの先頭へ