トップ > 町の産業 > 農業 > 多面的機能支払交付金について

農業

多面的機能支払交付金について

 農業・農村には、国土の保全、水源の涵養(水が自然にしみこむこと)、自然環境の保全、良好な景観の形成などの多面的機能を有しており、その利益は私たちの暮らしを支えています。
 しかし近年、農村地域の高齢化、人口の減少などにより、集落活動が低迷し、地域の共同活動によって支えられている多面的機能の発揮に支障が生じつつあります。また、共同活動の困難化に伴い、農用地、水路、農道等の地域資源の保全管理に対する担い手農家の負担の増加も懸念されています。
 このため、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るための地域の共同活動に係る支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進します。

 この制度は、平成19年度から「農地・水保全管理支払交付金」として農地や農業用施設、農村環境を維持保全する活動を支援する制度を引継ぎ、より農業・農村が有する多面的機能の発揮を促進するために平成26年度から事業内容を拡充し、「多面的機能支払交付金」と名称を改めました。

 なお、斜里町では平成26年度より多面的機能支払交付金を活用し、農地維持活動・資源向上活動に取り組んでいます。

▲このページの先頭へ