トップ > 町政情報 > 財政情報 > 公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画等

財政情報

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画等

 斜里町では、財政健全化への取り組みとして、普通会計【一般会計+森林会計】の『公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画』を策定しました。
 また、公営企業経営健全化への取り組みとして水道事業会計、病院事業会計、下水道事業会計の『公的資金補償金免除繰上償還に係る経営健全化計画』を策定しまた。

公的資金補償金免除繰上償還とは

 平成19年度の国の地方自治体に対しての公債費負担軽減対策として、一定の条件を充たす地方公共団体を対象に、行政の簡素化等に関する事項を定めた計画が承認された場合、平成19年度から3年間で高利率(5%以上)の公的資金の補償金免除繰上償還等を認め、実施されてきました。
 しかしながら、地域経済の著しい低迷等の事態を踏まえ、国において平成22年度から平成24年度までの間、制度が延長され、平成22年度から3年間で高利率(5%以上)の公的資金の補償金免除繰上償還等を認めています。
 
・公的資金とは「旧資金運用部資金」、「旧簡易生命保険資金」、「旧公営企業金融公庫資金」であり、従来、繰上償還をする場合は補償金の支払いが必要であった資金です。
 
・補償金とは公的資金の借換を行う際に、残額の利息に相当する額を補償金として借換額に上乗せして支払う制度です。

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画及び経営健全化計画

▲このページの先頭へ