トップ > 生活情報 > 保健・福祉・医療 > 健康・予防 > 各種予防接種

予防接種

各種予防接種

インフルエンザワクチン接種のご案内

平成28年度インフルエンザワクチン予防接種についてご案内いたします。

接種医療機関、接種方法、費用助成など、下記の説明を見てご受診ください。

こちらをご覧くださいPDFファイル(483KB)

日本脳炎ワクチン定期接種化のお知らせ

 今年度より日本脳炎ワクチンが定期接種化となりましたのでご案内します。

   ・こちらをご覧くださいPDFファイル(370KB)

 不明点などがあればぽると21保健推進係(22-2500)までお問い合わせください。

高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成について

 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成についてお知らせいたします。

 高齢者肺炎球菌ワクチンの詳細についてはこちらをご覧くださいPDFファイル(127KB)

成人の風しんワクチン接種費用の一部助成について

成人の風しんワクチン接種費用の一部助成を開始しましたのでお知らせいたします。

風疹ワクチンについての詳細はこちらをご覧くださいPDFファイル(99KB)

四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ)ワクチン、BCGワクチン、麻疹・風疹混合ワクチン、小児ヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチンの予防接種についてご案内します。

  斜里町では、BCGを4ヵ月健診に合わせて実施しています。接種会場はぽると21です。
 日時などについては配布しております予防接種日程表をご覧ください。
  なお、四種混合ワクチン、麻疹・風疹混合ワクチン、小児ヒブ(Hib)ワクチン、小児肺炎球菌ワクチンは随時病院で接種していただくようになっております。

   (平成26年10月1日より予防接種法が改正され、水痘ワクチンは、従来の任意予防接種から定期予防接種へ変更となりました。)

  いずれも、母子健康手帳と予防接種手帳(予診票)をお持ちください。長期里帰り、長期入院などで決められた医療機関で接種できない場合は、ご相談ください。
  また、日程を変更することもありますので町広報くらしのカレンダーでご確認をお願いします。
 

 30年度小児予防接種のお知らせPDFファイル(470KB)
 
 

○予防接種を受ける前の確認

  □ お子さんの体調は良いですか?
  □ 今日受ける予防接種について、必要性、効果及び副反応など理解していますか?
   わからないことがあれば、質問をメモにして見ましょう。
  □ 母子手帳・予診票をお持ちになりましたか?

○予防接種を受けることが出来ない場合

  (1) 37.5℃以上で発熱をしているお子さん
  (2) 重篤な急性疾患に罹っていることが明らかなお子さん
  (3) その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかなお子さん。
   アナフィラキシーとは接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。
  (4) 任意接種をされる方で麻しん(はしか)、風しんの予防接種の対象者で妊娠していることが明らかな人。
  (5) その他、医師が不適当と判断した場合

○予防接種と対象となる病気について

1.ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ(急性灰白髄炎)と四種混合ワクチン
 
 ・ジフテリアはジフテリア菌が作る毒素で起こります。のどがふさがれ、神経麻痺、心筋の障害などが起こり、死の危険があります。
 ・百日ぜきは、せきが特徴の病気ですが、1歳未満の赤ちゃんが感染すると、呼吸が止まったような発作を起こすことがあり、時には命にかかわります。
 ・破傷風は土の中などにいる菌が体内に入り、菌が作る毒素で中枢神経が侵されます。重症の場合は死亡することもあります。
 ・ポリオ(急性灰白髄炎)は一般に小児麻痺と呼ばれます。ポリオウイルスに感染すると約1,000~2,000人に1人の割合で手足に麻痺が起こり、その一部には麻痺が残ってしまいます。現在国内では流行の兆しは見られませんが、予防接種によって免疫がない人が増えると流行する恐れがあります。
  
 〈接種後の様子と注意事項〉 
   注射部位にはれやしこりがみられ、1回目の接種で約39.7%認められます。しこりは少しずつ小さくなりますが、数ヶ月残ることもあります。機嫌がわるくなったり、はれが目立つときなどは医師に相談してください。

2.麻しん(はしか)・風しん混合(MR)ワクチン
 ・麻しん(はしか)ウイルスは空気感染を起こし、免疫のない人が感染するとほぼ100%発病し、高熱、気管支炎、肺炎、脳症、全身の発疹が現れます。子供の感染症では最もこわいもののひとつです。
 ・風しんは、風しんウイルスに感染することは麻しん(はしか)に似た発疹が出るために「三日ばしか」とも言われています。
 ・タマゴアレルギーの方は医師に相談して下さい。

 〈接種後の様子と注意事項〉
   接種後5~14日後に約2割が発熱しますが1~2日でおさまります。接種後24時間以内の発疹、発熱は病院へ。

3.小児ヒブ(Hib)ワクチン、小児肺炎球菌ワクチン
 ・小児ヒブ(Hib)ワクチンは、インフルエンザ菌b型が引き起こす、細菌性髄膜炎や肺炎・敗血症などを予防します。細菌性髄膜炎は重症になりやすく、けいれんや意識障害がおこることもあり、後遺症や死亡する例もあります。
 ・小児肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌が引き起こす細菌性髄膜炎や、肺炎・重い中耳炎などを予防します。肺炎球菌による肺炎や中耳炎は重症化しやすく、ヒブ(Hib)が引き起こす細菌性髄膜炎よりも後遺症率や死亡率は高くなります。


◎斜里町以外における予防接種
 斜里町以外の医療機関で予防接種をして、町の助成を受けられる条件は、次の事項のいずれかに該当する人です。
・長期里帰り
・医療的な理由
・その他特別な事情と町が認める場合
 斜里町以外の医療機関で接種される方は、手続きが必要なため、事前にぽると21保険推進係までご連絡ください。

問い合せ先 総合保健福祉センターぽると21 保健福祉課保健推進係
TEL 0152-22-2500

▲このページの先頭へ